クリスマスプレゼントの選び方

2015年のクリスマスプレゼントは決まりましたでしょうか?

 

クリスマスプレゼント

 

12月は忙しすぎて何も考えていなかったという方がほとんどではないでしょうか?
または、毎年のように同じような物ばかりでサプライズのプレゼントがしたいと思っているかもしれませんね。
当サイトでは2016年におすすめの彼女や彼氏にあげるクリスマスプレゼントをご紹介しています。
いったい何を贈れば彼女や彼氏が喜んでくれるのか迷っているなら是非参考にしてください!

クリスマスプレゼント選びのポイント

クリスマスプレゼント

恋人に贈るクリスマスプレゼントには実は相場という概念はありません。
世間の相場を気にしすぎるから自分だけのオリジナルなプレゼントができないのです。
大切なのは彼氏や彼女を思う気持ちです。
気持ちを伝えるポイントはアクセサリーをプレゼントに選ぶとするとそれにクリスマスカードという形でメッセージを贈ることです。
では彼氏や彼女にお気に入りのプレゼントを選んでください!

クリスマスプレゼント彼女

クリスマスプレゼントランキング

 
サプライズプレゼント

クリスマスプレゼント彼女

サプライズプレゼントの特徴

一年に一度しかないクリスマスなのでサプライズで素敵な贈り物をしたいと思っているはず!

ありきたりのプレゼントでは相手も喜んでもらえないですね。
誰しも生まれてはじめてのサプライズは体験したいし、一生の思い出になるはずです。

 

 

 

 
アクセサリー

クリスマスプレゼント彼女

アクセサリーの特徴

女性にとってはアクセサリーは毎年貰っても嬉しいものです。

クリスマスらしいロマンチックな贈り物をしたい方はおすすめの品物です。
ペアものを買うのもよし、妻や彼女にあげると最高に喜んでもらえます。

 

 

 

 
財布・鞄・スマホケース

クリスマスプレゼント彼女

財布・鞄・スマホケースの特徴

長財布やスマホケースはクリスマスプレゼントの定番で、鞄は男性も女性ももらって嬉しい贈り物です。

ビジネスで使えますので実用的な物をあげたいと思っている方は見逃してはいけません。
革製の長財布が今年は人気があります。

 

 

 

 
花束・美容グッズ・ワイン

クリスマスプレゼント彼女

花束・美容グッズ・ワインの特徴

女性が貰って嬉しいクリスマスプレゼントランキングに常に上位にあるのが花束です。

花を貰えば心が暖かくなります。
人を感想させるプレゼントをお探しの方に最適な品物といえます。
また、クリスマスに告白する方やプロポーズする方にとってはなくてはならないアイテムです。
女友達にはワインもいいですよ。

 

 

 

 
クリスマススイーツ

クリスマスプレゼント彼女

クリスマススイーツの特徴

女友達、会社の同僚、会社の気になる人、お母様などクリスマススイーツはちょっとした贈り物としてたいへん人気がありますし便利な物です。

高価な品物だと相手に重荷に感じられるかもと心配しているならスイーツは最適です。
きっとお気に入りのスイーツが見つかるはずです!

 

 

こだわりのクリスマスプレゼント選び

 

彼氏や彼女または友人に喜ばれるプレゼントをするためには、まず重要なことは、相手がどんな価値観を持っているかリサーチすることです。
男性や女性といった性別、中学生や高校生や大学生、社会人といった先入観にとらわれずに、あくまで今現在の段階で判断できる相手の価値観を自分なりに見つけ出さなければいけません。
ハーブの花束が好きな女性に綺麗な花束をプレゼントする状況を考えてみてください。
自然が大好きな女性だったらこのうえない嬉しいプレゼントでありこれ以上の贈り物もありません。
クリスマスプレゼント
三度の飯よりもブランド物好きの女性には、雑草のような花束をあげても感動するような気持ちを与えることはできません。
そんな彼女には、ブランド力がある名の知れたバラの花束をあげたほうが喜ぶはずですね。
同様に、高級な物をプレゼントしたとしても、相手が知らなければその価値はないに等しいのです。

 

プレゼント選びにいて大切なことは、年齢や性別は参考程度にしてあまりこだわるのではなく相手の価値観をきちんと見抜くことです。
それに尽きるのです。
価値観とは、漠然として見えないのではないか困惑する方もいるかと思いますが、日頃の生活態度や発する言葉を観察していれば自然と見えるようになります。

 

価値観の定義
目に見えないものではなく、その人の話し方、よく話す話題、着眼点、興味のあること、服装の選定、いつも身につけているもの、よく見るテレビ番組・雑誌等、表面上に出ているのです。
相手をリサーチして、関心や興味をしっかりと分析しましょう!

 

価値観についてもう少し詳しく説明すると次のようになります。
芳美さんがさちこさち子さんにハーブの花をプレゼントした場面です。
さち子「これ!ここまで持ってくるの大変だったんじゃない?ハーブって管理するのが難しくて水をやらなければすぐにしおれちゃって花が枯れてしまうでしょう?私のためにありがとう!」
心からの気持ちがこもった「ありがとう」を相手から聞きたいものです。
さち子「私の好みをよくわかってくれているのね。嬉しいわ!」
頬は紅潮し、顔をくちゃくちゃにして目がつぶれるほどの笑顔を見せてくれました。
彼女はなぜさち子さんが花束をあげたら喜ぶか気づいた訳は、家に遊びに来た時にうっそうと生い茂る植物や、土地から根っこが盛り上がるほどの植物を見ていたからでした。
花束を他人にあげたら喜ばれないこともあるし、たまたま彼女の価値観にビンゴするといったこともありえます。
花束はメリアルームメンが人気ですね。

 

クリスマスプレゼントのペアのものを考えてみる

クリスマスプレゼント
クリスマスプレゼントにはペアリング、ペアルック、ペアウォッチ、ペアネックレス、ペアブレスレッド、ペアアクセサリー、ペア時計、ペアストラップなどペアものが世の中にありふれていますね。
カップルにとっては最高のクリスマスプレゼントになることもあるようですが、個人的には見るからにペアというのはお洒落な贈る物ではないと思っています。
マグカップに好きな絵や柄を描いてあげるとしましょう。
細かい作業が必要になるが、やってみると小学生の時の工作のようにとても楽しい時間を過ごせます。
彼が「共に咲く喜び」と書いたら、彼女は「花ありて人生楽し」と書いてお互いに交換してシールを貼ります。
マグカップの外側のシールは、小さめにするのがポイントでよく見るとペアものというのがセンスのあるプレゼントとなります。
ペアものを贈るときに参考になれば幸いです。

形に残しつつ心に残る物を贈る

クリスマスプレゼント
センスのいいクリスマスプレゼントは見栄えのよい物とは限りません。
大きなプレゼントにならないような心づかいが大切です。
つまり、立派な物に見せるために大きくしたり、重くしたりするのはセンスのいいプレゼントはいえません。
クリスマスプレゼントを贈る場合は、できるだけあとに残る物をあげたいというのも贈り物の自己満足です。
手編みのセーターや、イニシャル入りのマフラーも人気がありますが、もらって重荷になるのは贈り手が押しつけがましいということも否定できません。
ずっと残り続けるプレゼントでなくてもいいので、相手の思い出に残ればいいのです。

 

なぜなら、贈る人が形に残るクリスマスプレゼントばかりを贈ってしまえば、家の中がプレゼントだらけになって寝る場所がなくなるからです。
ズバリ、心の中に飾る贈り物こそがセンスのいいプレゼントなのです。

クリスマスプレゼントの花の贈り方

クリスマスプレゼント
女性や彼女に喜ばれる花束は大きさが勝負ではありません。
たった1本でもいいのです。
男性が花を贈るときには、大きいだけで安物の花を贈るよりは、1本でもいい花を贈る方がベストです。
見る人が見れば、いい花と安物の花の区別はつくものです。
花が重なりそうなときは花瓶を贈るとよいでしょう。
クリスマスプレゼントで何より大切なのは想像力なのです。
花が重なりそうだと想像すると足りなくなるのは花瓶ですよね。
だから花瓶もいっしょに贈るとよいのです。
そうすれば他の人が贈った花を枯らさずに済みますし、少しでも長く綺麗に保つことができます。
花がたくさん届きそうだから、より大きな花束を贈ろうとしてはいけません。
そうではなくて、他の人のプレゼントが引き立つように考えるべきです。

 

ところが今では枯れないお花プリザーブドフラワーが人気ですね。
特に恋人にサプライズやプロポーズの時に贈ると感動させること間違いありません。
2015年のクリスマスプレゼントにおすすめです。

 

最高のクリスマスプレゼントとは?

クリスマスプレゼント
最高のクリスマスプレゼントというものは、プレゼントという意識がない物をいいます。
クリスマスプレゼントをする時に大切なのは、もらった人の心の負担にならないことです。
まだ、それほど親しくない人から高価な物をもらったりしたら受け取りにくいですよね。
でも、せっかく買っていただいたのに、受け取らないのも気まずくなってしまう・・・。
そうかといって、受け取った後も相手を気にするあまりプレッシャが残ってしまうのではないでしょうか。

 

それではいけませんよ!
自分がクリスマスプレゼントを贈る側の時は、相手に決して重荷に感じさせないことが大事ですね。
ただ金額や渡し方にもよりますが男性と女性の2人の関係の深さにもよります。
まだ打ち解けてない間柄の間に、一気に打ち解けようと、ついつい勇み足気味に勝負に出てしまう人がいます。
これでは、たいていの場合はマイナスになってしまいます。
こんな高い物を頂いたから、あの人が好きになったということは実はあまりないのです。
もちろんそういったケースもあり得ますが、その場合は、そんな高価な物をプレゼントしなくても、きっとその人のことがもともと好きだったのです。
危険なのは、せっかく脈があったのに、高い物を贈りすぎて、「いきなりこんな高いのを・・・」と精神的な壁を作ってしまうことです。
これでは、プレゼントしてもしなくても一緒じゃなくて、むしろプレゼントしない方がマシなのです。
つかり二人の関係がギクシャクしてしまう結果となります。
中学生や高校生の時のようにお小遣いが少なかった時代は、まだそんなことを心配することもなかったですが、社会人になり仕事をしてお小遣いに余裕が出てくると、ちょっと無理をすれば高い物でも買えるようになります。
その影響で、クリスマスプレゼントを選ぶのが下手になってしまうこともあるのです。

 

お小遣いが少なければ試行錯誤して一生懸命考えますよね。
考えることで、クリスマスプレゼントのセンスは磨かれるのです。
どうかみなさん、最高のクリスマスプレゼントを贈ってください!

 

更新履歴